便秘に効く食べ物 > 便秘に効く栄養素

乳酸菌で善玉菌を増やし健康な腸にしよう

11587779378191029816677ac1aeeec8_s.jpg
乳酸菌とは一般的に善玉菌と呼ばれ、人にとってよい働きをしてくれる細菌を総称して呼びます。


ビフィズス菌も同じように人にとってよい働きをしてくれる細菌ですが、正しくは乳酸菌とは区別されています。

乳酸菌とビフィズス菌は、ブドウ糖や乳糖を分解して乳酸を作ります。

ビフィズス菌は乳酸だけでなく酢酸も作ります。

乳酸と酢酸は腸を刺激して蠕動運動を活発にしてくれるので便秘を改善してくれる効果があります。

また、人にとってよくない有害物質を作る悪玉菌や食中毒などを起こす病原菌は酸性を嫌うため、乳酸菌やビフィズス菌が腸内に多いと腸内が酸性になり悪い菌が増えるのを防いでくれます。

人の腸内には善玉菌や悪玉菌などたくさんの細菌が存在し、それぞれが生存場所を取りあっています。
悪玉菌が優位になれば体によくない影響がありますし、善玉菌が優位になれば腸の働きも活発になるのです。

乳酸菌やビフィズス菌はヨーグルトなど手軽に摂ることがことができるため、便秘解消にはもってこいですね。
妊婦さんは薬を飲めないですし、運動もなかなかできない人もいると思います。

ぜひ食後のデザートなどに乳酸菌が含まれるヨーグルトなどを取り入れてみましょう。

食物繊維で便意を起こしスルッと出す

4af5051275b21bf830ef2d52670a290b_sa.jpgのサムネイル画像

便秘によいとされる食物繊維ですが、どのようにとるといいのでしょうか。



食物繊維は人の消化酵素では消化できないので、便の量を増やし便意を起こす作用があります。
実は、私たちは便にある程度の量がないと便意が起こらないのです。



また、食物繊維には2種類あり、水溶性と不溶性の食物繊維があります。
水溶性は水に溶けやすいものですので粘性がありぬるぬるしたものに多く含まれています。
不溶性は水に溶けにくい繊維質のものに含まれています。



どちらも便秘解消にはかかせないものですが、不溶性食物繊維はとりすぎるとガスが腸にたまり排便しずらくなることがあるので注意が必要です。
これは意外と知らない人が多いのではないでしょうか。
私もただ食物繊維が豊富と知ればよく考えずに食べていました。



水溶性食物繊維は小腸での水分の吸収を穏やかにするため、便から水分が吸収されにくいので便が硬くなることを防いでくれます。
食物繊維をとるときは水溶性のものを多めにとるようにするといいと言われています。



水溶性食物繊維が多く含まれている食べ物


・海藻類(わかめ・寒天)
・こんにゃく
・果物(いちご・りんご・いちじく・キウイなど)
・野菜(にんじん・ごぼう・玉ねぎ・おくら・トマト)



不溶性食物繊維が多く含まれている食べ物


・イモ類(さつまいもなど)
・玄米
・ハトムギ茶
・大豆
・小豆




余談ですが、マグネシウムも便を柔らかくする働きがあり合わせてとるとよいとされています。



マグネシウムが多く含まれている食べ物


・こんぶ
・ひじき
・かき
・かつお
・玄米
・納豆
・落花生
・ごま
・さつまいも
・ホウレン草



これを見ると、和食に出てくるものばかりだと思いませんか。
食物繊維は昔から体にいいとされている食事を心がけていると自然ととれるようになっているんですよ。
この機会に食事を見直してみるのもいいかもしれないですね。

 

便秘に効く食べ物 人気NO.1

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索

ページの先頭へ