便秘に効く食べ物

便秘に効く食べ物トップページ

毎日のお通じと、口にする食べ物とは、切っても切れない関係です。
食べたものが便になるのですから、当然ですよね。

それ以外にも、食べ物は私たちの腸内環境に強く影響を与えます。
腸内環境とは、腸内に生息している腸内細菌のバランスのことです。

食べ物によって腸内環境のバランスが崩れ、腸内に悪玉菌が増えると、腸は正常な機能をしなくなったり、有害物質を発生させたりして、健康に害を及ぼします。
便秘を改善するためには、

・健康な便をつくるための栄養
・腸内環境のバランスを整えるための栄養

を、摂取する必要があるのです。


当サイトでは、便秘に効く食べ物や、栄養素についてご説明しています。
毎日の食事に少しづつ取り入れて、快腸生活を送りましょう!

1日1スプーンのオリーブオイル

ac0fc32c3d8ef8c8a511b284d09a2b2b_s.jpg

オリーブオイルは最近では健康によいとされ、女性を中心に人気になっています。
ダイエット効果や抗ガン作用、動脈硬化を防いだりする働きがあるとされています。
これらの効果に加え、便秘解消の効果もあるとのことで女性に人気になっているんです。

オリーブオイルが便秘解消に効果があるのは、オレイン酸のおかげです。
オレイン酸は不飽和脂肪酸で、オリーブオイルのほかに紅花油、ヒマワリ油などに含まれています。

オレイン酸は小腸で消化吸収されにくい難消化性のため、腸に刺激を与えてくれます。
また、オイルが便に混ざることで便が柔らかくなり便がスムーズに排泄されるようになります。

オリーブオイルを摂る場合は、エクストラバージンオイルがお勧めです。
エクストラバージンオイルはオリーブオイルの中でもオレイン酸のが多く含まれています。

オリーブオイルはお料理に使ったりそのまま飲んだりとさまざまな摂り方があります。

一般的にはさまざまな食材とともに食べることが多いと思いますが、直接飲む場合は朝食のときに摂るといいですね。

ただし、オリーブオイルが便秘解消・健康にいいとはいえ摂りすぎるとカロリーオーバーになってしまうことがありますので量は1日1スプーンを目安に摂りましょう。

牛乳で下痢になる理由

04499c78e1b2243fde22910406d4db80_s.jpg

牛乳を飲んで久しぶりに排便があったという経験はありませんか?

牛乳が悪くなっていたというわけではありません。
そうなんです、牛乳は便秘に効果があるんです。

牛乳には整腸作用があります。
これは牛乳に含まれるラクトースの働きによります。
ラクトースは母乳などに含まれる糖で乳糖とも呼ばれます。

ラクトースは私たちの胃腸では消化吸収されにくいため、そのまま腸へと移動します。
腸内にいる善玉菌はこのラクトースをエサにして数を増やします。
腸内が善玉菌優位になると腸の蠕動運動が活発になりますので、便秘の解消につながるわけですね。

また、ラクトースで増えた善玉菌の乳酸菌の働きで腸内の便の水分吸収を阻害してくれます。
水分が多い便がはやわらかく出しやすくなります。
これらの働きにより牛乳には便秘解消効果があるのです。

多くの家庭の冷蔵庫に入っている牛乳は便秘解消にはとても手軽な飲み物なのですが、気をつけたい人もいます。

実は、この牛乳に含まれるラクトースをうまく分解することができない人たちがいます。
赤ちゃんの頃はラクトース(乳糖)を分解する酵素が十分にあります。
ところが、中には成長に伴いこの酵素が減ってしまう人がいて、こういった人たちを乳糖不耐症と言います。

乳糖不耐症の人は、牛乳を飲むと下痢などの胃腸症状を起こしてしまうことがありますので、牛乳で下痢になってしまう人は避けたほうがよさそうです。

 

便秘に効く食べ物 人気NO.1

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索

ページの先頭へ