便秘に効く食べ物

便秘に効く食べ物トップページ

毎日のお通じと、口にする食べ物とは、切っても切れない関係です。
食べたものが便になるのですから、当然ですよね。

それ以外にも、食べ物は私たちの腸内環境に強く影響を与えます。
腸内環境とは、腸内に生息している腸内細菌のバランスのことです。

食べ物によって腸内環境のバランスが崩れ、腸内に悪玉菌が増えると、腸は正常な機能をしなくなったり、有害物質を発生させたりして、健康に害を及ぼします。
便秘を改善するためには、

・健康な便をつくるための栄養
・腸内環境のバランスを整えるための栄養

を、摂取する必要があるのです。


当サイトでは、便秘に効く食べ物や、栄養素についてご説明しています。
毎日の食事に少しづつ取り入れて、快腸生活を送りましょう!

みかんは白いスジも食べちゃおう

49923ac4e3e67cd725e5c7c99194b549_s.jpg

ビタミンCが豊富に含まれている柑橘類のなかでも、日本人にとてもなじみのあるみかんですが便秘にも効果があることをご存知ですか?
実は食物繊維がバナナと並ぶくらい含まれみかんには便秘解消効果があるんです。

みかんは包丁いらずで食べられる、手軽な果物です。
皮をむいて、スジをとったりするのが面倒?
そんな面倒なことはしないで、皮をむいたらそのままパクッと食べてしまいましょう。
みかんが便秘に効果があるのは、みかんについている白いスジやみかんの袋のおかげなんです。

みかんについている白いスジには、ビタミンのような働きをする栄養素が含まれているのですが、そのほかにペクチンと言うものが含まれています。
ペクチンはコレステロールを下げたり、血糖値が上がるのを抑えてくれる働きがあり、さらに便秘解消の効果もあります。

というのも、ペクチンは食物繊維の一種で腸内の水分の量を調節してくれる働きがあるため、便秘を解消してくれるのです。


水分がない便はカチカチになってしまい便秘を悪化させてしまいますので、便の水分を調節することで便秘が改善するというわけですね。
また、水分の調節をすることで下痢も解消してくれます。


ペクチンは腸内環境を良くしてくれる善玉菌である乳酸菌を増やしてくれます。
さらに便のかさを増して蠕動運動を活発にもしてくれます。

便秘が気になる方は、みかんの季節になったら「こたつでみかん」もいいのではないでしょうか。

バナナは青いバナナを選ぼう

2c8a1f56f10d87c216c5bd3522c5f5d5_s.jpg

便秘に効果がある食べものといえば食物繊維が多く含まれているものが有効です。
食物繊維が含まれている果物の代表と言えば、バナナ!

バナナは値段もお手頃だし、スーパーに必ず売っていますよね。
また、包丁がなくても皮をむくだけで食べられる、とても手軽に食べられる果物です。
カロリーも1本あたり約80キロカロリーでそんなに高くもありません。

そんなお手軽なバナナが便秘解消に効果があるのは、実は食物繊維の働きだけではないんです。
食物繊維だけならバナナより多く含まれる食べ物は他にもたくさんあります。
バナナが便秘に効果ありと言われるのには他にも理由があります。

まずバナナは、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がバランスよく含まれています。
食物繊維には水溶性と不溶性の2種類があり、便秘解消にはどちらの働きも重要なんです。

また、バナナには便秘に効果があるフラクトオリゴ糖が含まれています。
腸内に存在する細菌が悪玉菌優位だと腸内環境は悪くなり、便秘はよりひどくなってしまいます。
オリゴ糖は腸内細菌のうち善玉菌のエサとなり、腸内環境を良くする善玉菌を増やしてくれるのです。

さらに、バナナにはレジスタントスターチと言う消化されにくいでんぷん質が含まれています。
このレジスタントスターチは不溶性・水溶性両方の食物繊維に似た働きがあります。
レジスタントスターチは腸内の細菌により発酵され酢酸やプロピオン酸などの有機酸に変わります。
これらの有機酸が腸内にできると、腸内は弱酸性となり悪玉菌がすみにくい環境になり便秘解消へとつながるのです。

このレジスタントスターチですが、熟れたバナナよりもまだ青いバナナに多く含まれていることがわかっています。
便秘解消したいのであれば、青いバナナを食べましょう。

 

便秘に効く食べ物 人気NO.1

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索

ページの先頭へ