便秘に効く食べ物 > 便秘に効く栄養素 > 乳酸菌で善玉菌を増やし健康な腸にしよう

乳酸菌で善玉菌を増やし健康な腸にしよう

11587779378191029816677ac1aeeec8_s.jpg
乳酸菌とは一般的に善玉菌と呼ばれ、人にとってよい働きをしてくれる細菌を総称して呼びます。


ビフィズス菌も同じように人にとってよい働きをしてくれる細菌ですが、正しくは乳酸菌とは区別されています。

乳酸菌とビフィズス菌は、ブドウ糖や乳糖を分解して乳酸を作ります。

ビフィズス菌は乳酸だけでなく酢酸も作ります。

乳酸と酢酸は腸を刺激して蠕動運動を活発にしてくれるので便秘を改善してくれる効果があります。

また、人にとってよくない有害物質を作る悪玉菌や食中毒などを起こす病原菌は酸性を嫌うため、乳酸菌やビフィズス菌が腸内に多いと腸内が酸性になり悪い菌が増えるのを防いでくれます。

人の腸内には善玉菌や悪玉菌などたくさんの細菌が存在し、それぞれが生存場所を取りあっています。
悪玉菌が優位になれば体によくない影響がありますし、善玉菌が優位になれば腸の働きも活発になるのです。

乳酸菌やビフィズス菌はヨーグルトなど手軽に摂ることがことができるため、便秘解消にはもってこいですね。
妊婦さんは薬を飲めないですし、運動もなかなかできない人もいると思います。

ぜひ食後のデザートなどに乳酸菌が含まれるヨーグルトなどを取り入れてみましょう。

コメントを投稿する





ページの先頭へ