便秘に効く食べ物 > 便秘に効く食べ物 > バナナは青いバナナを選ぼう

バナナは青いバナナを選ぼう

2c8a1f56f10d87c216c5bd3522c5f5d5_s.jpg

便秘に効果がある食べものといえば食物繊維が多く含まれているものが有効です。
食物繊維が含まれている果物の代表と言えば、バナナ!

バナナは値段もお手頃だし、スーパーに必ず売っていますよね。
また、包丁がなくても皮をむくだけで食べられる、とても手軽に食べられる果物です。
カロリーも1本あたり約80キロカロリーでそんなに高くもありません。

そんなお手軽なバナナが便秘解消に効果があるのは、実は食物繊維の働きだけではないんです。
食物繊維だけならバナナより多く含まれる食べ物は他にもたくさんあります。
バナナが便秘に効果ありと言われるのには他にも理由があります。

まずバナナは、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がバランスよく含まれています。
食物繊維には水溶性と不溶性の2種類があり、便秘解消にはどちらの働きも重要なんです。

また、バナナには便秘に効果があるフラクトオリゴ糖が含まれています。
腸内に存在する細菌が悪玉菌優位だと腸内環境は悪くなり、便秘はよりひどくなってしまいます。
オリゴ糖は腸内細菌のうち善玉菌のエサとなり、腸内環境を良くする善玉菌を増やしてくれるのです。

さらに、バナナにはレジスタントスターチと言う消化されにくいでんぷん質が含まれています。
このレジスタントスターチは不溶性・水溶性両方の食物繊維に似た働きがあります。
レジスタントスターチは腸内の細菌により発酵され酢酸やプロピオン酸などの有機酸に変わります。
これらの有機酸が腸内にできると、腸内は弱酸性となり悪玉菌がすみにくい環境になり便秘解消へとつながるのです。

このレジスタントスターチですが、熟れたバナナよりもまだ青いバナナに多く含まれていることがわかっています。
便秘解消したいのであれば、青いバナナを食べましょう。

ページの先頭へ