便秘に効く食べ物 > 便秘に効く食べ物 > ヨーグルトの効果的な食べ方

ヨーグルトの効果的な食べ方

IMG_5926.jpgのサムネイル画像

便秘にはヨーグルトがいい。これは誰もが知っていることですよね。
ヨーグルトに整腸作用があるのは有名ですからね。


では、ヨーグルトが腸にいいのはなぜでしょう。


現在市販されているヨーグルトの多くにはビフィズス菌という乳酸菌が含まれています。
腸内にいる細菌には悪玉菌と善玉菌がいます。


名前の通り、善玉菌は腸の働きを活発にし便秘を解消してくれます。
逆に悪玉菌は腸内にある便から体によくないガスなどを発生させてしまうのであまりいい働きはありません。
ヨーグルトに含まれるビフィズス菌などの乳酸菌は善玉菌であり、腸に増え善玉菌が優位になることで腸の働きがよくなるのです。


ヨーグルトは手軽に食べられるものですから、ぜひ食生活に取り入れたいですね。
ただし、ちょっと気を付けたいこともあります。


・食べ過ぎると体が冷えてしまうことがあるのでほどほどに
・食べているヨーグルトの中に善玉菌(ビフィズス菌)は入っていますか?
・食後に食べましょう(胃酸でビフィズス菌が死んでしまいます。腸まで届かないと意味がありません。食後の胃酸が薄くなっているときに食べましょう。)


ちなみに朝食後に食べたほうがよいという報告があるそうですよ。


また、ヨーグルトと一緒に食べると効果的なものもありますのでうまく組み合わせて善玉菌を増やしましょう。


ヨーグルトにプラスするとよいもの
・きなこ(大豆なので食物繊維がたくさん含まれています。マグネシウムも豊富ですよ。)
・オリゴ糖(善玉菌の餌になります。)
・プルーン(水溶性、不溶性食物繊維が豊富です。)

コメントを投稿する





ページの先頭へ